« 金玉ホルダー | トップページ | 『俺の下であがけ』&『AGAKE』&『鬼畜眼鏡』 »

2007.07.14

今週の『地球へ…』

一言でいうと↓でした

(#゚д゚)ノ┌┛Σ(ノ´Д`)ノガッガッガッ!

左:キース、右:ミュウの兵士

いや、ごめん。
キースの華麗な顔面キックぶりがツボにはまっちゃいまして。
アニメでは、左に兵士、右にキース、その側にフィシスって位置関係でしたが、2ちゃんのAAが秀逸すぎてワロタですよ。このAA自体は割とよく見かけるヤツで珍しくはないんですが、今日のアニメにあまりにぴったりだったんで、しましまの頭の中ではすっかりキースAAになってしまったです。

アニメ『地球へ…』は毎週楽しみに見ています。
原作とは結構違っちゃっていますが、原作は原作、アニメはアニメとして楽しめてますね。もっと「ここは原作とちげーだろ、むきゃー!」となるかと思っていたんですが、自分でも意外なことに、「ほほー、ここはこう来たか、ふむふむ」なんて面白がっています。
まあ、『地球へ…』のストーリーは最後が一番のキモになると思っていますんで、最終回まで気は抜けませんが。あそこを変な風に改変されると、最後の最後で大魔神(古!)になるやもしれず。
あと、できればこれは入れて欲しいなというシーンが一つ。
ジョミーがトォニィにいった台詞。

「自分がどれほど人間にとって危険か考えたことはないのか?」
(略)
「忘れるな。お前はまだ子供だ」

このシーン好きなんですよねー。
自分の考える正義だけが正義だと思っているうちは、どれだけなりがでかくなろうと、あるいはどれだけ歳を重ねようと子供なのだ、ということですよ。
トォニィに向けていわれていますが、これ、他のミュウや、人間たちにも当てはまることなんすよね。これこそ読者へのメッセージだと受け止めてたんすよ、わし。
ソルジャー・ブルーがジョミーを「人間とミュウの理想的な混血児」と呼んだのは、この視点を正しく持ち得る人物だったからなんでしょうな。だからこそ、『地球へ…』の主人公はブルーでもキースでもなく、ジョミーだった、と。
ブルーはミュウに近すぎる。キースは人間に近すぎる。その中心に立てる存在は、唯一、ジョミーだったんだなー、とか、こないだ新装版買って読み返したとき、しみじみ思いましたですよ。

来週はいよいよナスカの惨劇ですな。ここで多分あの方が退場なさるようですよ、しくしく。
しかし今週「とっしょりは大事にせい」発言をしてくれたんで、ジジイ好きのしましま大喜びでありました。300歳じいちゃん、ラヴ!

|

« 金玉ホルダー | トップページ | 『俺の下であがけ』&『AGAKE』&『鬼畜眼鏡』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64528/15755580

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の『地球へ…』:

« 金玉ホルダー | トップページ | 『俺の下であがけ』&『AGAKE』&『鬼畜眼鏡』 »